お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

当店へのアクセス

アトリエコスモ  (拡大地図)
〒522-0041
彦根市平田町134-1 タウンビル1F

トップページ > 婚約指輪 > Diamond 4c

Diamond 4c

概要

ダイヤモンドには「4つのC」があります。
ダイヤモンドの品質は、カラット(Carat=重量)・カラー(Color=色)・クラリティ(Clarity=透明度)・カット(Cut=形と仕上げ)の4つの基準により鑑定されます。。
その頭文字がCで始まるため4つのC=4C(フォーシー)とよばれ、世界基準が定められました。。
1カラットを0.2グラムとした国際的な4Cの基準でダイヤモンドの品質が決まり、取引されています。

Carat:カラット(重さ)

カラットは宝石の重さを表す単位です。1カラットは0.2gに相当します。精密な電子天秤を用いて小数点第3位(1/1000カラット)まで測定します。 同じカラットでも、石の形状によって大きさも違ってきます。また重量が重いほど当然希少性も高くなりますが、カラットだけがダイヤの価値を決める基準にはなりません。
1ctは0.2g。5ctで1gになります。大きさの目安は、1ctで直径約6.5mm、0.5ctで約5.15mm、0.25ctで約4.1mmです。

Color:カラー(色)

ダイヤモンドは無色透明に近いほど希少価値が高くなります。無色透明のDを最高とし、Zまで23段階に分けれらます。
※色にきれいなピンク、ブルー、グリーン、ブラウンなどはファンシーカラーと呼ばれ、最近人気を呼んでいます。特にピンク、ブルーは無色透明のダイヤモンドよりも希少価値は高いです。

稀少 婚約指輪にお薦め サブ候補 お薦めしません
FL IF VVS1 VVS2 VS1 VS2 SI1 SI2 I1 I2 I3

Clarity:クラリティ(透明度)

ダイヤモンドの透明度を表すのがクラリティ。ダイヤモンドにあるキズの有無、キズの多さや位置などを総合的に判断してランクづけが行われます。透明度が高いほどダイヤモンドの価値は高くなります。大半は肉眼では発見できないものばかりですから10倍のルーペを用いて鑑定します。ランクは11段階に別れますが、クラリティは自然の結晶が生んだ特徴や個性とも言えるでしょう。

お薦めカラー ほぼ無色 僅かな黄色味 黄色味
D E F G H I J K~Z

Cut:カット(形と仕上げ)

ダイヤモンドの輝きを決める最も重要な要素にカットがあります。人間の手でその価値を高める ことのできる部分でもあります。 光の屈折を決めるプロポーションと研磨によってダイヤモンドは その美しい輝きを放つのです。 一番基本的なものは丸型のラウンドカット(58面体)で、宝石の なかでも最高の屈折率を誇るダイヤモンドに最も適したカットと言われています。 その他、オーバルカットやマーキス、可愛いペアーシェイプやハートシェイプ、プリンセスカットの人 気も高く、カットのバラエティに富んでいます。

お薦め サブ候補 お薦めしません
Excellent Very Good Good Fair Poor